レブロン・ジェームズとヨガの関係について

レブロン・ジェームズとヨガの関係について
レブロン・ジェームズのヨガについて述べます。まず、痛みの緩和をする効果があります。激しいアップダウンを繰り返すバスケットボールはどうしても両膝を酷使するスポーツです。

レブロン・ジェームズはヨガによって、体幹を強くするとともに、筋を痛めないように筋肉をバランスよくつけることで、痛みを和らげる効果を手に入れることが出来ました。また、脳を活性化する効果も持っています。ヨガは有酸素運動なので、脳に十分な酸素を送り込んだ状態で行います。(参照:目黒駅周辺のヨガランキング)このため、試合中でも客観的にゲームを見ることがし易くなり、以前に比べてパスが通りやすくなりました。

そして、素早い回復力が見込まれます。ストレスとともに老化に関係する血液に含まれる炎症化合物を減少させる効果を持っているので、リカバーしやすい体作りに最適と言えます。これはヨガの持つ静と動があるために生まれます。

人間はじっとし続けるのと動き続けるのとどちらもストレスを感じてしまいます。基本的なスポーツは動き続けることでストレスを発散しますが、どうしてもその分の負荷は避けられません。ヨガなら静止してポーズをキープするといった動きがあるので、静と動のどちらも体現することが出来るのです。以上の点を意識してレブロン・ジェームズはヨガを採り入れています。